クリニックで治療を受けたら安全にいぼを完治できる

サイトメニュー

女性

すぐにいぼを除去できる

いぼができたら悪化する前に早めに治療を受けた方が良いでしょう。レーザー治療や切除手術であれば1日で治療が完了する事が多いです。それぞれの利点を知っていき、適切な治療方法を見つけて下さい。

顔に触れる女性

薬だと体への負担がない

手術に抵抗がある方は薬でいぼを治療する事も可能ですよ。ただし、薬を使用する場合、完治するまでに時間がかかります。早めにいぼを治したいのであれば、手術を受けながら、予防の為に内服薬を飲んでおくと治療効果が高くなりますよ。

女性

冷却した液体でいぼを除去

切除手術以外にも保険が適用される治療方法はあります。それは液体窒素です。冷却した液体にいぼ部分に当てることで、いぼ細胞を壊死させます。ウイルス性いぼにも効果がありますので、直接的にウイルスを撃退してくれます。

女性

肌にダメージを与えない

いぼの治療に成功しても肌に良くない行動を続けているとまたいぼができる事もあります。いぼが再発しないようにいぼができる原因を知り、常に予防をしておきましょう。肌に良い習慣を続けていくといぼができない肌になれますよ。

いぼの種類を確認

看護師

いぼには老人性とウイルス性がある

顔や首などにいぼができると見た目が良くありませんし、気になって取りたくなる方も多いでしょう。しかし、自己判断でいぼを除去するのはおすすめできません。なぜなら、治療方法を間違えるといぼの状態が悪化したり、増えたりする場合があるからです。いぼができた部位や種類によって、それぞれに適した治療方法がありますので、まずは自分ができたいぼがどんなタイプなのかチェックしておくと良いでしょう。年齢と共にいぼができる事を老人性いぼと言います。肌の老化が原因でできるいぼですが、実は若い方でも稀にできる事もあります。老人性いぼは、皮膚が薄い顔や首にできる事が多いです。いぼが現れた時は1~2ミリぐらいの小さいサイズですが、放置しておくと大きくなったり、数が増えたりする事もあります。また、老人性いぼの場合、いぼができる同時にシミができる事もありますので、美容に良くありません。老人性いぼを予防できる方法は紫外線を浴びない事です。紫外線を浴びてしまうと肌が乾燥してしまうので、古い角質が排出されずに、新しい肌に生まれ変わらせる事ができなくなります。古い角質が残っている状態だと肌の老化が進んでしまうので、老人性いぼができないように紫外線対策はしっかり行いましょう。老人性いぼの色はニキビのような肌色からほくろのような黒色もありますので、いぼなのか判断が難しい場合は、クリニックで診察を受けると良いでしょう。老人性いぼのほとんどが良性なので、クリニックで治療を受けなくても大丈夫ですが、危険なのがウイルス性いぼです。ウイルス性いぼは、名前の通りウイルスが原因でできるいぼです。顔にできるいぼによっては、早く広がるタイプもあれば、ゆっくり増えるタイプもあります。老人性いぼが加齢によってできるのに対し、ウイルス性いぼは年齢関係なく、誰にでもできやすいいぼです。小さい内は肌色で、少し盛り上がっているので、ニキビに似ているのが特徴です。しかし、ウイルス性いぼだと知らずに潰してしまうと、いぼが再発して、どんどん増えて行くこともありますので、顔に盛り上がったものがあればすぐにクリニックで治療を受けると良いでしょう。ウイルスなので、放置してしまうと周囲に感染してしまいます。被害が大きくなる前に早急に対処した方が良いでしょう。クリニックでは切開手術やレーザー治療等、色んな治療方法が行われています。いぼの治療内容を理解した上で、自分に合った治療方法を選択しましょう。

Copyright© 2019 クリニックで治療を受けたら安全にいぼを完治できる All Rights Reserved.