クリニックで治療を受けたら安全にいぼを完治できる

サイトメニュー

冷却した液体でいぼを除去

女性

液体窒素でいぼの細胞破壊

液体窒素を知っていますか?液体窒素とは、マイナス196度に冷却した窒素をいぼ部分に当てる事で、いぼを取り除く方法です。昔から行われている治療方法なので、症例数が多く、別の病気の治療でも使用されています。マイナス196度の冷却した窒素をいぼに当てると皮膚が低温やけどを起こします。低温やけど状態になるといぼの細胞を破壊してくれるのです。治療をする流れは、まずは冷却された液体を綿棒などに染み込ませて、いぼがある部位に当てます。いぼ細胞が壊死したら、また綿棒をいぼ部分に当てます。この治療を繰り返し行う事でいぼができる原因を除去してくれるのです。ウイルス性いぼの場合も液体窒素で治療する事で、ウイルスを排除する事ができます。クリニックによっては綿棒ではなく、スプレーやピンセットを使っていぼを除去する事もあります。液体窒素の魅力は、切除手術と同じように保険がきくことです。クリニックによって、料金は異なりますが、複数のいぼを除去しても値段が変わらない場合もあります。予約をしないと治療が受けられない場合もありますので、事前に予約しておくとスムーズに治療が始められますよ。治療時間も実は短く、いぼが悪化していない場合やいぼの数が多すぎない場合は、早くて5分で済み事もあります。しかし、液体窒素を受ける前に注意をしないといけないのが、色素沈着です。治療する部位や体質等によって、色素沈着が起こる場合があります。色素沈着が気になる方は、別の治療方法を選んだ方が良いでしょう。また、液体窒素は皮膚を低温やけど状態にするので、当然痛みが伴います。最初は痛みを感じなかったけど、治療が進みにつれて痛みが強くなったという事もありますので、痛みが苦手な方は医師に相談して、麻酔の使用をお願いしましょう。液体窒素は、1回の治療で完治する事が少ないです。何度も冷却した液体をいぼ部分に当てる事でいぼを除去していくので、完治するまで繰り返し治療を続けないといけません。液体窒素は小さいいぼの治療には向いていません。いぼが小さすぎるといぼの周辺の血管まで凍結するのが難しく、無理に当て続けてしまうと皮膚を傷つけてしまいます。肌を傷つけられるのが嫌な方は、医師に相談しておくと液体窒素以外の治療方法を提案してくれますよ。液体窒素で治療をすると肌にダメージが与えやすくなり、完治するまで何度も通う必要がありますが、リーズナブルな価格で治療を受ける事ができ、症例数も多いので綺麗にいぼを除去してくれますよ。

Copyright© 2019 クリニックで治療を受けたら安全にいぼを完治できる All Rights Reserved.